読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Childhood's End

アイドルグループHauptharmonieオタクのブログ。主にライブレポート。映画と本の感想も。

「SECONDSHOT FES -Girls Members-」が芸人に救われた話(と麻倉ももちゃんが可愛かった話)

SECONDSHOT FES -Girls Members-の忘備録

 

◯サマリー

・構成が間延びする作りになっていて見ていて大変辛かった。猛省して欲しい。

・が、ゴー☆ジャスさんの司会力がオタクの期待を裏切り予想以上に高く辛いだけのイベにならずに済んだ。今後ゴー☆ジャスさんに声優イベントの司会土どんどんさせて欲しい。

麻倉ももちゃんが可愛かった。

 

◯構成の酷さ

・各番組の細かなトリビアをクイズに仕立てているコーナーはあったが、それ以外は特に番組に関わらないバラエティコーナー。SECONDSHOTが提供するラジオの番組が一同に集まっているのにも関わらず、推し番組以外の番組を知ることは出来ても聴こうとまでは思えない。

 4年前に「マリコレ2012」という、今回のイベントとコンセプトが同じイベントがあったが、こちらは各番組をフィーチャーしたコーナーで声優さん達がわちゃわちゃしていた。推し番組とそれ以外の番組のコラボしてトークを繰り広げていたのが面白かった記憶があります(当時のレポ読み返してる懐古厨)。

 

・ゲームコーナーが多く、中には長すぎて見ていてしんどかった。昼と夜の部共通で、①番組に関するクイズ5問→②三番勝負だったが、これクイズと三番勝負を分ける理由がよく分からない。クイズを三番勝負に組み込まんかい!と。

 また、三番勝負の中に間延びさせるような勝負がそれぞれあって、昼の部はフォーリング棒勝負、夜の部は玉入れ。棒勝負はルールがよく分かってなくて途中変な空気になる場面がなったり。玉入れは玉が多すぎて入れるのにも時間が掛かったけど、特に数えるのが死ぬほどだるかった。声優さん達が玉をステージに向かって投げるのをただ眺めるだけの時間が五分くらい続いたのが本当に何を見せられているのか分からなくなって、僕は往復2万円を使って東京へ来て何をしているのかと鬱になりそうだった。

 

ゴー☆ジャスさんありがとう

・そんな辛いイベントだったけど、それだけで終わらなかったのはひとえに司会のゴー☆ジャスさんの尽力の賜物だと思います。

 特に面白かった点は、①ツッコミが鋭い②前に出る時を弁えており、いじる時はちゃんといじれる③最終学歴が代アニの三点だと思います。①では大喜利コーナーで答えが被ったチームに対しては「被ったことを恥じなさい」と一刀両断したのが強烈で痛快でした。②では特に戸松さんが滑ったりしそうな時にはいじって場を和ませたり。③は代アニが最終学歴という小咄をしていたのが分り手感を醸し出していました。

 今日初めて拝見しましたが、声優イベントに突如現れたダークホースだと強く確信しました。今後イベントでゴー☆ジャスさんの姿を観ることが多くなるに違いないです。

麻倉ももちゃんに顔を近づけていたのは未来永劫許さん。それとコレとは話は別です。

 

麻倉ももちゃん のダメージジーンズ最高

 

そんな感じ~