読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Childhood's End

アイドルグループHauptharmonieオタクのブログ。主にライブレポート。映画と本の感想も。

22歳もどうぞよろしく。

ameblo.jp

 

ameblo.jp

 

 麻倉ももさん、22歳のお誕生日おめでとうございます。先程ご本人と天ちゃんがブログを更新していたので読んでみると、もちょのお誕生日会が行われたみたいで、本当に宝物のような時間を過ごしたのだと伝わってくる内容でほっこりしました。ほっこりしたついでに僕も何か遺しておきたくなったのでブログを書こうと想います。基本的に未来の自分の為の、自分語りに終始する予定。

 

◯21歳の麻倉ももさんとの出会い

 トラハモのラジオで(●・▽・●)を知って、『Charlotte』ってアニメで(●・▽・●)の演技を知ってたんですけど、明確に追いかけようと思ったのはTrySailの1stライブ。たまたま知り合いに最前列に座らされたのがきっかけでした。丁度その時麻倉ももさんが21歳で、マジで美少女過ぎて直視出来なくて、自分が生きていても良いのかを自問自答してしまうくらいの可愛さでした。丁度今日読んだ本の中でピッタリな表現があって、

 

美少女には何者も勝てない感じがあります。(二階堂ふみ『アダルト(上)』P.106より マガジンハウス)

 って漫画家の江口寿史さんが言ってたんですよ。あの時の(●・▽・●)は本当に無敵って感じがして、本当に楽しそうにしていた姿が眩しかった。

 

◯強さに惹かれて

 そんな無敵な感じに惹かれていって、出来る限りラジオとか出演作品とかもチェックしていきました。21歳では『Charlotte』、『クロムクロ』がアニメとしては大きな役で、その両役についても、彼女の「強さ」を切り口にして書いた。

 

karellen1989.hatenablog.com

 

明るさを最大限に視聴者に分からしめるのは、キャラクター設定の外にあるプラスαから発せられる「強さ」だ。その「強さ」の源は声優・麻倉ももの一本芯の通ったハリのある声、麻倉もも本人の明るいイメージの二点であると私は仮説を立てている。

 声優補正って言葉があるじゃないですか。その声優補正の逆パターンって言うか、麻倉ももを知っているからこそ、キャラクターが補強されていくという感じ。やっぱり、麻倉ももさんって無敵な感じがしてる訳ですよ。

 

◯柔らかな部分

 全然話変わりますが、麻倉ももさんの写真目当てで雑誌とかも買うわけですね。そこで気になった点もあって、結構麻倉ももさんが怯えた目になってる写真を見つけていて、何でかなぁと思ってちょっとだけ考えをまとめたりもしました。いつも太陽のような笑顔をみせているイメージが自分の中に定着していたので、その怯えた目を一回気にしてしまうとどうにもそんなイメージが払拭されていってしまいました。不安そうなその瞳には何を映しているのか。安心しておくれと伝えたくなるような目をしている。

 

karellen1989.hatenablog.com

 

 で、また話が変わるんですけど(僕の中では繋がっている)2016年4月3日に福岡で行われたミリオンのライブ見てたんですよ。その時いつもの(●・▽・●)と違っていてめっちゃ緊張しているのが伝わってきたんですよ。や、分かってはいたんですけど。この子も緊張するんだよなぁと改めて感じたというか、基本的に緊張とかしない、心臓に毛が生えているタイプの子だと勝手に思ったいたので、びっくりしたのが本当に記憶に残っています。パフォーマンスは勿論文句なしでバツグンだったんですけど、それが余計に彼女の緊張していた様子を際立たせていた。

 

 そのライブの翌月くらいに発売した『CUT』NO.369で、麻倉ももさんが

最初はあまり緊張しなかったんですけど、もっといいものにしたいっていう思いで緊張したりします(『CUT』JUNE 2016 NO.369 P.159より ロッキングオン

って話をしていたのが、その理由だったのかなぁと勝手にエモくなったりもした。良い意味で、前までは無責任だったと言うか自由な気持ちで臨んでいたんだけど、今は自分がどういうことを出来て、ファンにどう思われているのか、何が出来ないのか、足りないものは何か、色々ひっくるめて理想と現実を考えられるようになったのかもとか考えてました。

 

 そういった無敵な麻倉ももじゃない部分がどんどん見えるようになってきて、凄く面白くなってきたというか、ぶっちゃけもう「もちょ」のイメージを更新する時期に来ているのではないか?と真面目に思ってたりします。

 

◯22歳の麻倉ももさんに期待すること

 無敵であるが、柔らかな部分も見せてきた21歳の麻倉ももさんであるが、22歳にはどんな部分を見せてくれるのだろうかとても楽しみである。

 ①まだチラチラとした見えていないが、麻倉ももさんの語彙から垣間見える教養の深さみたいなものをどこかでガッツリ誰かに取り上げて欲しい。ラジオで時たま難しい単語を発することがあったり、本屋に何時間も入り浸っている話が出ているので、本を読んで何かしらの教養を積み上げているはずであると推測が出来る。勿論推測なので証拠を掴むために色々な情報収集を怠らないようにしたい。

②飲酒してのラジオ、イベント

 最近流行りの声優飲酒イベントに麻倉ももさんもちょっとだけ出て欲しい。頼みます。 

karellen1989.hatenablog.com

 

③一人喋りのラジオレギュラー

 上で取り上げ損ねたが、もちょやまばなしが余りに素晴らしかったので、また復活して欲しい。

 

 

最後に22歳の麻倉ももさん。これからもどうぞよろしく。来年は何歳になっているのか楽しみに待っています。

 

 

 

 

終わりだよ~(●・▽・●)